--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015. 11. 23  
ホーム等々力にてリーグ最終戦、ベガルタ仙台戦を観戦。

相変わらずペナルティエリアでブロックを作り引きこもる相手を崩すことができず、
結局、カウンターからのヨシトのスーパーゴール以外、見どころのない試合だった。

ヨシトは見事としか言いようがない。
シュートの上手さ、多彩さ、決定力、
そして掴んだ前人未到の3年連続得点王。

15.11.22仙台戦3

ストライカーが育たない環境の日本でこれだけの実績を残している。
世間でもっと評価されるべきだと思う。

15.11.22仙台戦1

あとは来季の開幕ゲームでのゴン中山越えだ。
確実に達成してくれることだろう。

まだ11月だというのにフロンターレは全日程を終了してしまった。
CS出場の3チームはこの大事な最終戦で大量得点で勝利する勝負強さを持っている。
対してフロンターレは、いつもポイントとなる試合で力を出し切れずあっさりと負けてしまう、
そんなシーズンだった。

今のフロンターレは技術力を磨くことのみを追求して大事なものを忘れてしまっている気がする。
かつてはフロンターレも等々力劇場などと言われ、ゲーム終盤でも最後まであきらめずに追いつき逆転するような底力を持っていた。

まあ何を言っても今シーズンは終わりである。
うらやむ気持ちで自分が好きなチームが出場しない天皇杯やCSを観るしかない。
この悔しさや空しさは来季につなげるしか癒すすべがない。

クラマーさんの言葉、
「タイムアップの笛は、次の試合へのキックオフの笛である」

2016年シーズンに期待することにしよう。






スポンサーサイト
2015. 11. 16  
万博記念競技場にて天皇杯ガンバ大阪戦を観戦。



鬼門といえるこのスタジアムは前回のリーグ戦で最後かと思っていたが、
よもやまた来ることになろうとは。
本来イーブンの筈の天皇杯で絶対的に有利なホームで試合ができるガンバとの政治力の差を感じずにはいられない。

CIMG6609.jpg

それにしてもまばらな観客・・・。
新スタジアムなど建てて大丈夫なのだろうか。

CIMG6606.jpg

試合は惨敗。
歯が立たない相手にはとことん歯が立たない、
最近のフロンターレらしくクリーンシートであっさり負けてしまった。
今シーズン最後のタイトルへのチャンスと気負い立つサポーターをしり目に、
フロンターレはマイペースで自分たちのサッカーを貫く。
あまりの温度差に寂しい気持ちになってしまう。

CIMG6617.jpg

期待のヨシトもシュート0の不甲斐ない結果に・・・。

来季もきっと「タイトル」を目指して戦うのだろう。
チームとしてはスポンサーの手前や新規ファンの獲得のために「タイトル」を口にしないわけにはいかないのだろう。
しかしこのチームが本当に「タイトル」に値するのか疑問に思ってしまう。

根本的に染みついた勝負弱さ、
勝敗の責任への希薄さ、
きっと何も解決しないまま来季も「タイトル」というコトバに感情を左右させられるのだろう。

何はともあれ今シーズンも消化試合1試合を残すのみとなった。
モチベーションが上がらない試合には違いないが、
せめて今シーズンの風間サッカーの集大成を見せてほしいものだ。


さてさて、大阪!
食い倒れの町とはよく言ったものである。

IMG_0642.jpg

IMG_0641.jpg
とにかく何でも美味い!!!

そしてちょっとだけ観光。
CIMG6618.jpg
真田丸の幸村と大阪城への抜け穴。
大河が楽しみだ。

IMG_0635.jpg

来年は新スタジアムにも是非訪れたい。
願わくば大阪での負の歴史を拭い去りたいものだ。
ただそれにはフロンターレというチームが変革しない限り何も変わらないだろう。

我々はチームに期待し応援する、それしかできないのだから。




2015. 11. 07  
埼玉スタジアム2002で浦和レッズ戦を観戦。

15.11.7浦和戦4

いつも圧倒される見事なコレオグラフィー。
ここまで見事だとどこかの国のマスゲームと対戦してほしくなる。
願わくばホーム自由席のチケット、完売してないのだからアウェイ席を広げてほしい。
アウェイチケット完売とのことで狭いアウェイ席に押し込められ、
おまけに再入場禁止で試合開始2時間半前から監禁される。
いつ来てもホスピタリィのかけらもないスタジアムである。

15.11.7浦和戦2

試合の方は・・・
エキサイティングな好ゲームだった。
どこかの引きこもるだけのチームと違って浦和戦はいつも見ていて楽しい。
前半は浦和のハードプレスに苦しめられ劣勢を強いられたが、
後半、ゼロトップにし、中盤を厚くして流れを引き寄せた。
結局は決定力のなさと西川の好セーブに阻まれドローに終わってしまった。
冤罪で懲役中のヨシトがいたら確実に勝てた試合だった。

失点は事故のようなものだ(よく事故を起こすチームだが・・・)。
西川のロングフィードからズラタン、興梠とつながれ不運な失点。
しかし西川のフィードはすごい。
新井もビッグセーブ連発だったが、やはり展開力には如何ともしがたい差があった。
昔、吉原や相澤のプレーに見慣れていたころ、川島が入団してきて本物のフィードを見せてくれた。
あのときの衝撃に似たものがある。

森谷の得点は珠玉のゴールだ。
槙野をいとも簡単にはがしインフロントで西川が絶対に届かないところに流し込む。
リョータ、ケンゴとトライアングルの流れるようなパス交換など、これだけの技術を持った選手だ。
来季はレギュラーを不動のものにしてほしい。

途中交代の悠は・・・
試合後のコメントで「そんなに長引かない」とのことで一安心だ。
浦和の36番の後ろからのチャージ。
攻撃中なのでファールを流すのはいいにしても、
何故、イエローかレッドがでないのだろう。
選手生命にかかわる卑劣なファールだ。
今日もレフリーはブレブレだった。

中野の圧巻のドリブル。
自陣から相手ゴール前まであれよあれよと行ってしまう。
マッチアップした関根にも圧勝し交代に追い込んだ。
乗ってるときの中野は誰にも止められない。
なんとも頼もしい選手が出てきたものだ。

15.11.7浦和戦3

所詮、消化試合だからと冷めた気持ちで乗り込んだが、
やはり目の前で熱くプレーする選手を見ると応援しなくてはいられなくなる。
すでにリーグ戦は蚊帳の外のフロンターレだがCSチャンピオンを狙う浦和レッズにも引けを取らないのも事実だ。

来週は最後のタイトルへのチャンス、天皇杯ガンバ大阪戦だ。
まだまだ一波乱起こしてくれることを期待して応援する所存である。




2015. 10. 24  
等々力にて横浜Fマリノス戦を観戦。

セットプレーでしか得点できないチームにセットプレーでやられる。
サンフレッチェに敗戦後、残り全部勝ってチャンピオンシップ出場に望みをつなげようといきごんだ筈なのに、
その初戦で格下チーム相手に無得点でこける。

なんとも毎年繰り返すフロンターレらしい試合だった。



ところでヨシトの2枚目のイエローはなんだったのか。
アデミウソンの卑劣なプレーに対して抗議しただけに見えたが。
プレー中にヨシトが先に手を出したのであればその時点でヨシトのファウルをとるべきで、
流したのであればそのことでのイエローはおかしい。

レフリーの榎本一慶はJ1での経験も浅く、
1試合通してたびたびヨシトにクレームを入れられていたので、
最後は感情をコントロールできなくなったのだろうか。

ケンゴの試合後の発言。
「嘉人が退場したら次、試合に出られないわけで。記録もかかっているわけで。嘉人はやってない。一人の笛で人生は変わる。」
榎本氏には今後自覚を持ってレフェリングしてほしいし猛省してほしい。
ただフロンターレ戦では2度と笛を吹いてほしくない。

そんなこんなで、ヨシトの3年連続得点王と年間MVPに少々暗雲が立ち込めてしまった。
今シーズン中のゴン中山超えも難しくなった。
敗戦以上に痛みを伴うレッドカードになってしまった。

でもヨシトのことだ。
看板蹴って出場停止のあとの大宮戦でのハットトリックのように、
天皇杯ガンバ大阪戦は大暴れしてくれることだろう。
そしてホーム最終戦のベガルタ仙台戦では何食わぬ顔で得点王を獲ってくれるだろう。

いつも逆境に強い男、それが大久保嘉人である。




2015. 10. 19  
エディオンスタジアムでのサンフレッチェ広島戦。


いざ、ビッグアーチへ!

CIMG6504.jpg
山の中ののどかなスタジアム。
以前訪れたとき、サンフレッチェサポが市街地の旧市民球場跡にホームを移そうと運動していて署名もしたと思ったがその後、どうなったのだろう。
このスタジアムでアジアカップを獲ったのはもう何年前のことだろう。

CIMG6509.jpg
フロンターレは中2日で天皇杯と同じメンバー。
京都戦はターンオーバーしたいところだったが今のBチームは少々頼りない・・・。
交代出場の浅野や山岸が活躍するサンフレッチェ、
選手層の厚さの違いを感じずにはいられない。

CIMG6517.jpg
ゲームは試合前に拍手を送った2人、コーセイと山岸にスーパーゴールを決められ敗戦。
救いはヒサトがノーゴールだったことと、
ヨシトが超スーパーバナナシュートを決め3年連続得点王に近づいたこと。

最後は前がかりになったところをカウンターでやられた。
ブロックを作って勝ち点1を獲りにいくこともできただろうが、
あそこで攻撃をし続けるのがフロンターレである。
こういうところがタイトルを取れない所以かもしれないがこういうチームが好きである。


そして広島の街へ!

IMG_0566.jpg
有名店でお好み焼きを食べ・・・

IMG_0571.jpg
鯛の刺身で広島の地酒を呑み・・・


翌日は観光だ!

CIMG6531.jpg
マツダZoomZoomスタジアム。

CIMG6526.jpg
本当に素晴らしいスタジアムだ。
ビールでも飲みながらのんびり野球観戦してみたいものだ。

CIMG6540.jpg
選手は自主トレだろうか。
噂のカープ女子もちらほらといた。

IMG_0572.jpg
最近広島名物で人気急上昇の汁なし担々麺。
辛さが癖になる。

IMG_0577.jpg
そしてまたまたお好み焼きを食す。
ホント広島風お好み焼きはヤバイ。

そして呉へ。
IMG_0576.jpg
呉に友達がいて、昔この街に1週間くらい滞在したことがある。
実に32年ぶりだ。
街が驚くほど変わっていた。

CIMG6553.jpg
ヤマトミュージアムのヤマト。

CIMG6565.jpg
ゼロ戦。

CIMG6567.jpg
てつのくじら館。
本物の潜水艦に入れる。

そんなこんなで楽しい旅も終わった。
いつものように大好きな日本酒を買ってきた。
CIMG6572.jpg
広島の地酒2本と獺祭を2本。


IMG_0582.jpg
試合に負けた以外は本当に楽しい2日間だった。

サンフレッチェは優勝しそうな勢いで羨ましい限りだ。
広島市民のかたにはカープだけでなくサンフレッチェも応援してほしいと願うばかりである。


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

zado4

Author:zado4
川崎フロンターレの私的観戦記を中心に日々つれづれの出来事を綴ります。川崎市麻生区在住。妻と一喜一憂しながらフロンターレを応援しています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。