--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 04. 16  
昨日は野津田にFC町田ゼルビアの応援に行ってきた。
対戦相手は栃木SC。

結果は0対3で敗れ、これで4連敗となってしまった。
アルディレスの「美しいサッカー」は片鱗は見せるもののなかなか結果を出せないでいる。
ただ彼が試合後にコメントしているように修正ポイントははっきりしている。

・決定機を作るためでなくパス回しのためのポゼッションになってしまっている。
・後半の集中力が切れたときの失点が多い。

アルディレスは試合中でもすぐに動く。
セットプレーの対応をマンマークからゾーンにしたり、
選手交代で3バックにし両ウイングバックからの攻撃を試したり、
ひとつひとつ打ってくる手腕はさすが世界を知っている監督という感じだ。

今はあせらず、解決してゆくしかないだろう。
なにより選手たちの「気持ち」が折れない限り、
キッカケをつかめばいい方向に向かっていくと思う。

次はヴァンフォーレ甲府戦。
是非とも昨年の天皇杯のリベンジをお願いしたいものである。

2012.04.15栃木戦1
スタジアムへと続くサクラのじゅうたん。

2012.04.15栃木戦2
緑に囲まれたスタジアムに栃木SCの黄色が映える。
日本屈指の美しいスタジアムだろう。

2012.04.15栃木戦4
ゼルビア先発のイレブン。

2012.04.15栃木戦5
ゴールマウスにこの男が戻ってきた。
修行智仁。
昨年のあの東京都大会決勝以来の出場となった。

2012.04.15栃木戦3
フロンターレから栃木SCにレンタル移籍した棗。
アルディレス監督の試合後のコメント。
「22番の大きい選手(棗佑喜)をマークするに当たって、自分達が大変苦労してしまったというところです。彼にボールを集めてきたというところで、自分達が上手く対応できなかった。フィジカル的に違いがあったのではないでしょうか?」
最高のほめ言葉だ。
これからも頑張れ。

2012.04.15栃木戦6
こちらはゼルビアにレンタル移籍した薗田。
怪我から復帰し途中出場。
まだまだオリンピックを諦めないで欲しい。

2012.04.15栃木戦7
昨年、相澤とともにフロンターレを戦力外となった久木野聡。
後半40分からの出場となったが、いきなり強烈なシュートを放つ。

2012.04.15栃木戦8
結果がでずにイライラしているサポーターもいるだろうが、
そんなことは顔に出さずに、試合後、暖かい声援を選手に送っていた。
本当に暖かいサポーターだ。
きっと選手に届き、もうすぐ長いトンネルを抜け出してくれるだろう。

頑張れ、FC町田ゼルビア。

スポンサーサイト
2012. 03. 20  
本日はFC町田ゼルビアの野津田でのホーム開幕戦、ロアッソ熊本戦を観戦した。
春分の日にふさわしく暖かな絶好のサッカー観戦日和だった。

2012.03.20ゼルビア1
まずはゼルビア屋台村で腹ごしらえ。
カレーフェアーということだったので、
妻はタイのグリーンカレーで私はマサラバターカレーとナンを食す。
ナンは本格的にインド(?)の人が焼いていた。
どちらも美味しかった。
2012.03.20ゼルビア3
さぁ、いよいよ試合だ・・・?
競技場の中に巨大な建物が!!!
珍百景に出てきそうな風景。
まぁ、今は、野津田が「聖地」にふさわしい立派な競技場になることを期待しよう。

2012.03.20ゼルビア4
ゼルビアの先発イレブン。

2012.03.20.ゼルビア5
ロアッソのエースナンバーは元フロンターレ戦士、養父雄二。

2012.03.20ゼルビア11
そして途中出場だが元フロンターレ戦士の原田拓。
奇しくも元フロンターレのテクニシャン2人がロアッソのダブルボランチを組んだ。
応援していた選手が他のチームで頑張っている姿を見るのはホント嬉しい限りである。

2012.03.20ゼルビア7
藤本主税をマークするゼルビア不動のセンターバック薗田と田代。

2012.03.20ゼルビア6
相澤貴志。本日は危ないシーンもなく2試合連続の完封。

2012.03.20ゼルビア8
CKから競り合う薗田。そろそろ1点決めてくれ!

2012.03.20ゼルビア13
途中出場の北井が期待に答えてゴールゲット!

2012.03.20ゼルビア10
養父のFK。相変わらず優しいボールを蹴る。

2012.03.20.ゼルビア14
本日の入場者数。
スタジアムへのアクセスの問題を解決できればもっと増えると思うのだが・・・

2012.03.20ゼルビア12
北井の1点を守りきり見事勝利!
選手たちは笑顔。

2012.03.20.ゼルビア15
2連敗のあとの2連勝で対戦成績を5分に戻した。
充分、J2でも戦えることを証明した。
しかし前半、アタッキングサードにほとんど入れなかったことや、
相手のラインコントロールでオフサイドを連発するなど課題も残った。

まだまだここで満足せずに上を目指して戦って欲しい。

頑張れ、FC町田ゼルビア!


2012. 03. 11  
本日は駒沢オリンピック公園競技場にてFC町田ゼルビアのホーム開幕戦を観戦。

2012.03.11ゼルビア1
ゼルビアが社会人地域リーグの頃、フロンターレの試合がない暇な日に、
「野津田は近いし、無料だし、元ヴェルディの戸塚が監督やっているから面白そう」と、
軽い気持ちで応援し始めたが、
思いのほか熱い試合が多く、いつの日か応援にも熱が入り始めた。
そしてJFLを経て、いよいよJリーグへとコマを進めた。
ホント感無量である。

2012.03.11ゼルビア2
アビスパ福岡戦。先発のイレブン。

2012.03.11ゼルビア3
フロンターレからレンタル移籍の薗田淳。
初戦に続き強烈なヘディングシュートを放つがバーをたたく。

2012.03.11ゼルビア4
こちらは完全移籍の相澤貴志。
昔から課題のミドルを決められてしまう。
でも相手のシュートがすごかった。切り替えてゆこう!

2012.03.11ゼルビア5
0対1で敗戦。
うなだれる選手たち。

2012.03.11ゼルビア6
太田のヘディングシュートもバーを叩き、ディミッチのドンピシャのボレーもGK正面、
1点でも入っていればまた違った展開になっていた。
ホント紙一重だ。
それに今日の相手は昨年までのJ1だ。
そう簡単に勝たせてくれないだろう。

1点獲れば波に乗れる。
まだたった2試合終わったところだ。
頑張って巻き返してくれ!!!

頑張れ、町田ゼルビア!
2012. 03. 04  
J2が開幕した。

Jリーグ初戦の町田ゼルビアはアウェイで愛媛FCと対戦。
相澤と薗田がフル出場!
・・・なのだが、薗田が味方相澤のゴールへドンピシャのヘディングシュートを決めてしまった(涙)。
スコアは0対2で敗戦。
ゼルビアにとっても薗田にとってもホロ苦いデビュー戦になってしまった。

でも薗田!!!
フロンターレ時代のようにミスを引きずるな!
(まぁ、オウンゴールなんて決してミスじゃないけど)
マリノス戦で4失点に絡んだ時、アントラーズ戦で不用意な退場をしてしまった時などなど、
目に見えてテンション下げていつも試合から遠ざかった。
今回、自ら選んだ武者修行の道だ。
精神的にひとまわりもふたまわりも大きくなって欲しい。
U-23五輪代表もまだチャンスはある。
がんばれ!薗田淳!!!

で、J2の他の元フロンターレ戦士たちは、
ロアッソ熊本の原田拓と養父はフル出場。
栃木SCの久木野と棗は途中出場でツートップ。
松本山雅の渡辺匠は先発出場。
と、各チームで頑張っている。

しかし・・・
本日は全チーム敗戦(泣)・・・
せめてフロンターレは開幕戦、劇的に勝利して欲しいものである。

2012. 01. 17  
Jリーグの1節、2節の日程が発表された。

第1節は噂通り等々力でアルビレックス新潟。
こちらは先日ブログに書いたので割愛。

第2節はカシマスタジアムで鹿島アントラーズ。
いきなりジュニと対決だ!
赤いユニフォームのジュニをどんな気持ちで見るのだろう。
もう応援するわけにはいかないのだ!!!
この日がホントのサヨナラだ!

ところで、
J2昇格した町田ゼルビアは第1節がアウェイ、第2節で念願のホームを迎える。
どうやら野津田の準備が間に合わず駒沢競技場での開催になるようだ。
もちろん野津田でやりたいのは当たり前だが、
悲しんでいるチーム関係者やサポーターに追い討ちをかけるような大東チェアマンの心無い発言が・・・。

--- Jリーグの大東チェアマンは、町田の下川社長らからこの日初めて報告を受けたとした上で「昇格初年度のホーム開幕戦を、本拠地で開催できないのは初めてではないか。個人的には憤りを感じている」と話した。
(1月17日スポーツ報知より)

まったくチェアマンって何様だ!
「初めて報告受けた」って、
昨年も「スタジアムに問題アリ」って言ってJリーグに入れてくれなかったんだろう!

フロンターレ的には、
ベストメンバー規定問題、
ナビスコ決勝ふてくされ事件、
我那覇ドーピング冤罪事件・・・などなど。
いつもいつもチェアマン様に振り回される。
権力にふんぞり返って一体何をやっているのやら。

大東さんといえば、
早稲田のラガーマンで活躍し、2度選手権で優勝。
日本代表にも選ばれて住友金属に入社、
鹿島アントラーズの社長を経てその後、チェアマンに就任した。
今までの川淵さんや鬼武さんとは少し違うと思っていたが・・・。 

「争うは本意ならねど」に武田社長が犬飼さんにサポーターの目の前で怒鳴りつけられるくだりが出てきたが、
昔から体質が変わらないJリーグ、
矛先はいつも発言力のないチームや資金力のないチームに向けられる。

一体、誰のためのJリーグなんだろう。


カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

zado4

Author:zado4
川崎フロンターレの私的観戦記を中心に日々つれづれの出来事を綴ります。川崎市麻生区在住。妻と一喜一憂しながらフロンターレを応援しています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。