--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 11. 30  
相馬監督続投がオフィシャルに発表された。
2年契約の2年目。頑張って欲しいものである。
来季、8連敗なんてしようものならおとなしくて有名なフロンタサポも暴動起こすかも。

ガンバ大阪は98年フランス組の呂比須の名前が挙がった。
事情はよくわからないが名将西野朗のあとではちょっと荷が重いのでは。
常勝軍団も来期は一休みって感じか。

FC東京は町田ゼルビアのランコ・ポポヴィッチの名前が挙がっている。
個人的に、今、最も好きな監督である。
とにかく厳しくて熱い。
それでも選手からは絶大な信頼を得ていて、得点時に選手は必ずポポさんのもとへ駆け寄る。
インタヴューではオシムのように素晴らしい言葉を残す。
プレッシャーへの対処法を問われたときは、
「私は、選手たちに「君たちは、水を飲む時に、食事をする時に、緊張しますか?」と常に問いかけています。君たちは、サッカーの能力は高いのだから、緊張せずに、あたかも水を飲むように、食事をするように、自然な姿勢でプレーしてくれと話しています。
 一番の失敗は、チャレンジしないこと、そして、自分の全力を出し切れないこと。自分の力を出し切って挑戦して、それでも敗れるのであれば、相手を讃えるしかありませんし、恥じることもありません。そこまで持って行こうと常に選手たちに語りかけています。」
と、答えている。
是非、来季もゼルビアの監督をやってもらいたいがFC東京なら難敵になること間違いない。

一方、個人的に、今、嫌いな監督は木村和司。
先日のナビスコ決勝ゴールの山瀬への発言が許せない。
「最後に入れた奴(山瀬)は、それなりのまぐれのようなシュートが入ったけどね。
まあいいんじゃない。それで喜んで。気分悪いけど次に進んで頑張りたいと思いますね。はい。」
普通、前年までの愛弟子を奴呼ばわりするかねぇ。
次に進んで鹿島にコロっと負けていい気味だったけど(マリノスサポさん、ごめんなさい)。
昔、メキシコワールドカップ予選の韓国戦での木村和司のフリーキックに熱狂した自分としては、
思い出がどんどん穢れてゆく気がする。

セッキー(関塚隆)。
すっかりオリンピック日本代表の監督が板についた。
なんとなくフロンターレの選手を優先的に選んでくれてる気がするは気のせいだろうか。
3枠くらいは常に用意してくれているような。
ゆくゆくはA代表の監督になって2,3枠お願いしたいものである。

最後に石さん(石崎信弘)。
コンサドーレ札幌の昇格はホーム最終戦で決まるようだ。
まるで2003年のフロンターレの時のようだ。
オカ(岡山一成)もいるし。
サポーターみんなに愛され、今のフロンターレの基礎を築いた。
来年是非、J1で戦ってみたいものである。
石さんとセッキー
談笑する石さんとセッキー。
スポンサーサイト
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

zado4

Author:zado4
川崎フロンターレの私的観戦記を中心に日々つれづれの出来事を綴ります。川崎市麻生区在住。妻と一喜一憂しながらフロンターレを応援しています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。