--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 03. 28  
土曜日は埼スタで浦和レッズ戦である。
この埼スタは言うまでもなくサッカー専用の日本でも最高ランクのスタジアムである。
またまた天気予報は雨マークだが、なんとかポンチョを着ることなく観戦したいものである。

さて浦和レッズ戦。
昨年は、0対2、0対1と1点も取れずに連敗してしまった。
年間8勝しかしてないチームに2つの勝ち星を献上。
以前、闘莉王がレッズにいたときに「優勝できなかったのはフロンターレのせいだ」みたいなことをほざいたが、
昨年に関して言えば降格しなかったのはフロンターレのおかげって言えるだろう。

関塚監督の頃、
埼スタでは不可解な判定で負けた試合(「我々を勝たせてくれない何かが働いた」と関塚監督が発言した試合)以降、何年か負けなかった。
フロンターレのゴールに4万人のレッズサポが静まり返る、あの雰囲気は最高だった。
やはり埼スタでの勝利は格別なのだ。

我那覇が突如、薬物疑惑で出場停止を食らったのも埼スタだった。
当時は一体何が起きたのかわからずただただ困惑した。

考えてみたら、相馬さんの現役最後のゲームも埼スタだった。
2005年クリスマスの天皇杯。
森勇介が不用意な退場をくらい流れをつかまれ0対2で負けてしまった。
試合後、レッズの選手たちが「メリークリスマス」と書いた横断幕を持ってスタジアムを1周したのを悔しい気持ちで見ていた。

大宮アルディージャのホームゲームの時はPKキッカーの取り合いでジュニとテセが喧嘩した。

ホント埼スタにはたくさんの思い出がある。

今年の埼玉スタジアム2002。
新たな、最高の思い出を作って欲しいものである。
4万人の一角に押し込められたフロンターレサポーターが歓喜する、
そんなゲームをお願いしたいものである。
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

zado4

Author:zado4
川崎フロンターレの私的観戦記を中心に日々つれづれの出来事を綴ります。川崎市麻生区在住。妻と一喜一憂しながらフロンターレを応援しています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。