--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 08. 27  
昨日はホームで名古屋グランパス戦。
引いてカウンター狙いのグランパスに気持ちよくポゼッションしたが、
決定機をことごとく外し、金崎に一発をくらい0対1で敗戦。
なんとも悔しい試合になってしまった。

2012.08.25難局物語

風間さんはポゼッションまでは教えられるが最後の部分は選手個々の問題とのこと。
まぁ、あの、どフリーのヘディングを外す悠もどうかと思う。
ケンゴのスルーパスにもなかなかタイミングが合わない。
ここで頑張らねばヤジが帰ってきたらまたベンチになってしまうよ!
昨年の輝きを取り戻して欲しいものである。
(ちなみにピクシーはシュート外した選手に「次、外したら殺すぞ!」とプレッシャーをかけたらしい。)

風間さんの采配は・・・
本気で1試合1試合勝ちに行っているのだろうか。
負けているのに交代枠2つ残したまま終わらせてしまったり、
軽い気持ち(?)でポジションをいじくったり(昨日は関係ないが・・・)。
選手に「命がけでボールを大事にしろ」と指導しているとの事だが、
風間さんには1試合1試合を本当に大事にしてもらいたい。

別に最後は放り込めとは言わないが、
バランスを崩してでもがむしゃらな姿を見せて欲しい。
風間さんがサポーターの心をつかめない要因のひとつはそこだと思う。
理論や理屈は見えても「気持ち」が見えない。

そう、お洒落なポゼッションサッカーも否定しないが、
「気持ち」が見えるチーム、
それが「川崎フロンターレ」だったんじゃないだろうか。

もちろん「気持ち」は強いときばかりではなく、
時には「気持ち」の弱さで負けてしまうことも多々あったけど、
そのたびにサポーターが声を上げて支えてきた。
本当に「一体感」があるクラブだった。

次節、ベガルタ仙台戦、
風間監督と選手たちには「気持ち」を見せて頑張って欲しいものである。

2012.08.25難局物語2
スポンサーサイト
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

zado4

Author:zado4
川崎フロンターレの私的観戦記を中心に日々つれづれの出来事を綴ります。川崎市麻生区在住。妻と一喜一憂しながらフロンターレを応援しています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。