--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 04. 06  
爆弾低気圧のなか、
Shonan.BMWスタジアム平塚にて湘南ベルマーレ戦を観戦。 

2013.04.06湘南戦

一昨年の天皇杯に続きまたもや高山に決められ、
パトリックのゴールで追いつくもドロー。

まったく、これだけの豪雨の中の試合なんだから、
それなりに雨の日仕様のサッカーはできないものだろうか。
ボールが止まってしまうようなグラウンド状態でパスサッカーもないでしょう。
格好悪くても、パトリックをもう少し早く入れてパワープレイの選択はないのだろうか。
ボールをDFの裏やスペースに蹴りだしてレナトやヤジの足に賭けることはできないのだろうか。

パスで美しく相手を崩し得点すること、
いつの間にかそれがフロンターレらしいサッカーということになってしまった。

平塚競技場、あえてそう呼ばせてもらうが・・・
ここはJ2時代、10年前もベルマーレとドローゲームを演じ、
J1昇格に黄色信号が灯ったときがあった。
その時アウグストが下を向く選手やサポーターに、
「諦めてしまう者は去れ!私は1人になっても戦う!」
と鼓舞した。

泥臭くても熱い選手が揃っていた。
そんなDNAが受け継がれているのがフロンターレの選手なのではないだろうか。

5試合で勝ち点3という苦しい状況だ。
選手たちにこの苦境を乗り越えてもらうしかない。
次はナビスコ清水戦をはさんでリーグは絶好調の横浜マリノス戦。
風間フロンターレの真価が問われるときだろう。
なんとか、がんばって欲しいものである。

スポンサーサイト
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

zado4

Author:zado4
川崎フロンターレの私的観戦記を中心に日々つれづれの出来事を綴ります。川崎市麻生区在住。妻と一喜一憂しながらフロンターレを応援しています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。