--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015. 08. 23  
昨日はShonan BMWスタジアム平塚にて湘南ベルマーレ戦を観戦。
走力、気迫に勝るベルマーレを止めることはできず、
1対2で悔しい逆転負けを喫した。

CIMG6438.jpg

今回も得点は出会いがしらの1点のみで、
落ち着いてブロックを作る相手を崩すことはできなかった。
得点力のなさは深刻だ。
ケンユウにはとにかく1点獲ってほしかった。
フロンターレサポからの野次も多かったが、
どんなに動きが悪くてもストライカーはとにかく得点すればいいのである。
我那覇も入団から数年、散々野次られていたが、
ある日覚醒して一気にサポーターの心を掴んだ。
今はそのポテンシャルに期待するしかない。

もう一人、悩めるストライカー船山。
絶妙な動き出しでフィニッシュまでいくのだが、どうしても決めきれない。
ラストパスを受けた後、平常心や余裕を持てないのはストライカーには致命傷だ。
J2では恐らく通用していたのだろう。
ツキにも見放されている感があるが、
ゴールにボールをねじ込むことでしかこの窮地を乗り越えられない。
成長してほしいものである。

サッカーは局面局面では個のぶつかり合いであり、
監督がどんなに立派なサッカー理論を述べても、
フィフティーフィフティーのボールを奪われたり、
1番大事な場面で集中力を切らしてしまったり、
冷静に自分の力を出し切れなかったり、
そんなことを繰り返しているうちに負けてしまう。

フロンターレの選手の個の能力が劣っているとは思えない。

CIMG6447.jpg

無残な敗戦を喫しても拍手で迎えられる選手たち。
拍手で迎えるサポーターもどうかと思うが、
本当にフロンターレの選手は幸せである。
願わくば甘えることなく奮起して欲しいものである。

ただひとつ、中野の恐れを知らぬ猪突猛進のドリブル突破に少しだけ救われた。
そんなグダグダなベルマーレ戦だった。




スポンサーサイト
カレンダー
06 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Author:zado4
川崎フロンターレの私的観戦記を中心に日々つれづれの出来事を綴ります。川崎市麻生区在住。妻と一喜一憂しながらフロンターレを応援しています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。