--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 10. 20  
ホーム等々力にてジュビロ磐田戦を観戦。
同点で迎えたアディショナルタイム、
ケンゴの絶妙なフリーキックをヨシトが押し込み大逆転勝利を上げた!

2013.10.19磐田戦4

2得点ともセットプレーからの得点だったが、
チームの気迫でもぎ取った得点だった。
2点目のセットプレー、
なんとしても点を取ろうと、
ジェシが杉山にも上がるように指示を出し、
自らヘッドで飛び込む姿には震えがきた。
ナビスコ浦和戦に敗れて挨拶に来たとき、涙を流していたジェシだったが、
あの敗戦を誰よりも無駄にしなかった。

2013.10.19磐田戦3

ヨシトも得点を22に、ヨシメーターも111に伸ばした。
もはや、ザックも代表に呼ばざるを得ないだろう。
これで最近つまらない代表も面白くなる。
川崎のヨシトから世界のヨシトになって欲しいものである。

2013.10.19磐田戦1

そしてもう一人の代表候補のケンゴは腰痛のためサブからのスタートだった。
わずか15分程の出場だったが存在感を見せつけた。
最近、パスの精度も含め、イマイチ、調子が出ていない気がしていたが、
やはり悪い流れを変えることができる唯一無二の存在だ。

2013.10.19磐田戦2

そのケンゴをボランチにコンバートさせ大成させたのが本日の敵将、関塚隆。
(あの時はマルクスの加入でトップ下が空いてなかっただけな気がするが・・・)
いつか、どんな形でもいいのでフロンターレに戻ってきていただきたいものである。

まぁ、そんなこんなで、大いに盛り上がった本日の等々力劇場。
今シーズンも残り少なくなってしまったが、
ひとつでも多く、熱い感動できるゲームを観せてほしいものである。
スポンサーサイト
NEXT Entry
天皇杯4回戦は奥野監督、相馬コーチが率いるモンテディオ山形だ!
NEW Topics
これが今シーズンの集大成か?ヨシトのスパーゴール以外見るべきものなし!
今年も「タイトル」というコトバに踊らされたが大阪の地で終焉
相変わらずKYなフロンターレ!レッズの年間最高勝点を阻止!
ヨシト、あまりにも痛すぎるレッドカード・・・
いつも見ていたヒロシマ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

zado4

Author:zado4
川崎フロンターレの私的観戦記を中心に日々つれづれの出来事を綴ります。川崎市麻生区在住。妻と一喜一憂しながらフロンターレを応援しています。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。